大日本明治製糖

「我国精製糖発祥之地」記念碑について

静岡県森町出身の菓子・氷砂糖の製造業者である鈴木藤三郎は、明治23年(1890年)、東京府南葛飾郡砂村(現在の江東区北砂)の鈴木製糖所にて、苦心の末に日本ではじめて純白の砂糖(上白糖)の製造に成功しました。
その後、鈴木製糖所が基になって、明治28年(1895年)にはわが国最初の近代的製糖事業として、日本精製糖株式会社が設立されましたが、これが当社の創業にあたります。

もともと小名木川畔は水運が発達し、砂糖の原料や製品の運搬に便利であったことから、その後も大日本製糖株式会社の東京工場として、昭和15年(1940年)まで精製糖事業は継続されました。
また同地は、江戸時代に八代将軍徳川吉宗がはじめて甘蔗の苗を試植させたというゆかりの土地でもありましたので、昭和16年(1941年)には当時の社長 藤山愛一郎によって「我国精製糖発祥之地」の記念碑が建立されました。

現在は、江東区教育委員会により「精製糖工業発祥の地」の案内文が掲示されています。MAP

記念碑写真

「我国精製糖発祥之地」記念碑

表面           裏面

「精製糖工業発祥の地」案内文
  • 写真をクリックすると、別ウィンドウで拡大写真が表示さ
     れ、説明文を読むことが出来ます。

  • ページTOPへ

    All Rights Reserved, Copyright Dai-Nippon Meiji Sugar Co., Ltd.