大日本明治製糖

業務用調味料

大日本明治製糖では、1972年に独自の酵素分解手法を用いて酵母エキスの開発に成功し、「コクベース」シリーズを発売しました。以来、おいしさと健康、添加物不使用、non-MCPや天然志向などのさまざまなニーズに対応すべく「酵母エキス、動・植物性たん白質の酵素分解調味料」の開発や応用に取り組んでいます。
近年、基礎系調味料や畜肉・水産エキスの「ニッタージュ」シリーズを加え、天然調味料のラインナップを大幅に拡充し、それぞれの調味料の特長をアミノ酸分析や原子吸光分析等を駆使して「味を科学的に“見える化”する」事にチャレンジしています。

酵母エキス特有の深いコクを残したままで、天然の核酸(IMP、GMP)の含有量を大幅にアップさせ、さらに濁りの少ない淡い色に仕上げました。
また、これらの特性に加え、特殊製法によりさらにアミノ酸含有量を高めた呈味力リッチな酵母エキスもシリーズに加えました。

エンザップはたん白質を高度に酵素分解した調味料です。
従来の酵素分解技術では難しかった旨味のパンチ不足や苦み・醗酵臭の発生などの問題点を解決し、より汎用性の高い製品に仕上げました。そして、多様化するニーズに応えるために、種々の素材をミックスした配合型エンザップを開発しました。

化学調味料などの添加物表示が不要で、酵母・豚肉・小麦グルテンなどを酵素分解した調味料で“呈味やコク”、魚介・畜肉・野菜のエキスや香辛料などで“風味”を付与した新しいタイプの無添加製品群です。

ニッタージュシリーズは、蛋白加水分解物と調理系調味料の「基礎系」、チキンエキスやポークエキスの「畜肉エキス」、魚介類、昆布などを原料にした「水産エキス」の3ジャンルに分かれています。

美味「Delicious」で芳醇「Mellow」な発酵調味料D&Mは、高度精白した米と米こうじを原料とした濃厚なもろみを独特の酵母により発酵させたものに、“コク味”で定評の酵母エキスと酵素分解調味料をうまくドッキングさせた全く新しいタイプの発酵調味料です。

近年の注目されている調味料の一つに、岩塩や黒酢の様に素材の風味や雑味が残っているものが挙げられます。
当社のコクミシュガーも砂糖キビ由来のミネラルを含み、どこか懐かしい甘い香りとコクのある後味が特長で、加工食品全般にご利用頂けます。

ページTOPへ

All Rights Reserved, Copyright Dai-Nippon Meiji Sugar Co., Ltd.